厳かで感動的な神前式|厳かで神聖、でも温かみもある神前式で挙式してみませんか?

厳かで感動的な神前式

傘

神前式、は名前の通り、神様の前にて夫婦になることを認めてもらう儀式です。 この神様は日本古来の神道ですので、神様に仕える斎主や巫女が式を執り行います。祝詞や玉串奉奠など、神道独特の儀式は普段の生活からはかけ離れているので、不安を感じる人もいるかもしれませんが、大丈夫です。 斎主・巫女がきちんと説明して式最中も指示をしっかり出してくれます。 高らかに響く祝詞・二人で分け合う三々九度など、そこでしか味わえない清廉さや厳かさにとても感動し、式そのものがとても心に残ったというのも人気の要因の一つでしょう。 神前式は、神社だけでなく、ホテルや結婚式場であげることができます。 式そのものは親族など身内だけで行うのがルールですが、神殿の収容人数が大きければ、友人知人の参列もOKのところがあるので、 友人にもぜひ神前の素敵な式に出てほしい、という時は会場に事前に確認しましょう。 親族に高齢者がいるときなどはその方の負担もふまえ、披露宴への移動も考えた会場選びも皆が快適にすごせるポイントの一つです。

神前式の費用は、キリスト教式よりリーズナブルなところが多いです。 場所によって3万円〜10万円と開きがありますが、大体平均では約5万円くらいとなります。 ここで、「玉串料」の確認もしましょう。ホテルや式場などで神前式を行う場合、ほとんどが含まれていますが、明らかに安い挙式料の場合この玉串料が含まれているのか、含まれていないのかは必ず確認しましょう。 また、神殿内で演奏してくれる巫女による雅楽の演奏をオプションで希望すると約3万円ほど金額がかかってきます。 こちらは全体的な予算を含め考えて決めてください。 新郎新婦の服装は羽織袴と白無垢が一般的です。 最近は白無垢人気が高く、挙式の時のみ許される組み合わせの白無垢+綿帽子にあこがれて神前式を選ぶカップルも多いです。 衣装の費用は、白無垢と袴で約30万円ほどがおおよその目安となります。和装は生地や小物によって価格が大きく変動するのでじっくり好みのものを選びましょう。